FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pythonで機械学習の進捗 §2-1


本の2章から、いよいよアルゴリズムに触れます。

2.1で「パーセプトロン」の紹介がされます。
パーセプトロンが何であるかの説明は本を見てもらうとして・・・
私の感想を中心にまとめます。

パーセプトロンの「信号」の考え方は、すんなり理解できました。
私はドミノ倒しを想像し、次々に伝わっているというイメージを持ちました。
数学でも関数列と似ていると感じました。

それに対して「ニューロンが発火する」と表現される部分を理解するまでに、少し間が必要でした。
新たに出てくる単語を確認するのに手間取ったことが1つ。
もう1つは0と1を出力することの違いを分からなかったことです。
後者について、数学により多く触れてきた私にとって"数字"は"ただの数"でしか無かったので、違いに気がつくことに遅れました。
その違いとは0/1がOFF/ONに対応しているということ。知っている人からすれば至極当然のことですが、分からない人からするとそのことに思い付くまで少しの間が必要なのかなと思います。
javaなどではTrue/Falseを使用しています。

では、なぜここでON/OFFやTrue/Falseにしないのか。
それは「信号」の考え方を使いたいからです。
入力で受け取るもの(入力信号)が数値なので、出すもの(出力信号)も数値にしたい。そうすることで出力した値を別のニューロンの入力信号として渡すことができます。そうして次々に繰り返すことができると。
この組み合わせによって、1つ1つは単純な値だったのが複雑な表現を可能にします。

このことは忘れがちですが、とても重要な考え方です。私も忘れないように気をつけようと、感想をまとめながら思いました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yamoto.tvp

Author:yamoto.tvp
FC2ブログへようこそ!
大学の数学科に通うほど、数学が好きな私です。
趣味で勉強している”機械学習”などの進捗を載せています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。